メンテナンス

点検整備はバイクの大切な健康管理

安心してお乗りいただくためには、定期的な点検整備は欠かせません。
多くの部品構成で組み立てられたバイクは走るにつれ、そして時間の経過とともに部品の劣化や磨耗が進みます。 この状態をチェックするとともに今後どう変わっていくか予測して必要な整備を行い、大きなトラブルや出費を防ぎ、次の点検までの安心を提供します。

YSP大阪鶴見 3つのポイント

当店では下記の3つのこだわりを持ってお客様のバイクをメンテナンスしております。

各種点検

各種点検についてご紹介いたします。

日常点検

安全、快適にご使用いただくため、法または法に準じ、日常のお車の使用状況に応じて、お客様の判断で適時行う点検です。 点検時期の目安としては、ツーリングに出かける前や洗車時、給油時などに実施します。
点検方法はメンテナンスノートをご覧ください。

初回点検(無料点検サービス)

新車納入後1ヶ月後または1000km走行時に行う点検です。
特に初期の点検整備がバイクの寿命に影響することを重視し、お買い上げのお客様には無料で実施しております。

定期点検

年間走行距離が3000km程度の標準的な使用を前提に、安全の確保・公害防止の観点から1年および2年毎に実施する点検整備です。

シビアコンディションチェック

一般的な使われ方より厳しい状態で使用した場合、部品の劣化が通常よりも著しく進行することがあります。この場合、通常よりも早めの点検整備が必要になってまいります。

車検整備

小型二輪車(125cc以上)の車検(継続検査)は1回目は新規登録から3年目に、2回目以降は2年毎に行います。
バイクの検査はその時点で国の定めた基準(保安基準)に適合しているかどうかをテスターや目視によってチェックするものですので、 検査に合格したからといって安心して乗り続けられるものではありません。 したがって車検時の分解整備が必要となってきます。走行距離や時間の経過に伴い損耗劣化が進む部品の中には・・・